育てたい生徒像

社会の様々な課題に対する高い関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決能力等の素養を身につけ、将来グローバル・リーダーとして国際的に活躍できる生徒。

 

<グローバル人材育成に係わる重点目標>

  • 英語科の各科目の学習等を通して「聞く」、「話す」、「読む」、「書く」の4技能をバランスよく育成し、英語で幅広い話題について抽象的な内容が理解でき、ある程度流暢にコミュニケーションがとれるようにします。
  • 学校独自の海外リーダーシップ・プログラムによるアメリカ研修、民間団体主催の海外派遣、留学生、海外からの訪問者等との交流により、国際理解教育の一層の充実を図ります。
  • 組織的・計画的な探究活動、各界で活躍する卒業生、大学教授、企業人等による講義や研究所等の訪問等様々な機会を通して、グローバル・リーダーに求められる資質・能力を育成します。