高尾山への登頂

 5日目には、都教委主催の校外活動として、留学生全員で高尾山を訪れました。快晴の天気のなか、留学生たちは頂上を目指しました。展望台から見える景色は絶景で、各自思い思いの場所から写真を撮っていました。その後、高尾山の頂上へ無事到達し、全員そろって記念撮影を行いました。下山途中には、商店に立ち寄り、陳列されている品物を興味深く見て歩いていました。真夏の蒸し暑い一日でしたが、留学生達が住んでいる地域では、近くに山がないので、高尾山は身近で美しく、非常に楽しめたとの声が多かったです。

(IMG1)高尾山のへの登頂
(IMG2)高尾山のへの登頂

日本文化体験&エクスカージョン

 週末には、都教委主催のイベントとして、文化体験と街散策を行いました。留学生たちは日本人バディたちとともに、日本文化体験として、茶道の体験を行いました。皆、茶道に関する歴史や作法などの説明を真剣に聞いていました。その後、先生に一つ一つ所作を教えてもらいながら、実際に柄杓でお湯を注ぎ、茶筅を使ってお茶をたてました。留学生たちは、貴重な体験ができ非常に満足しているようでした。
 昼食を全員で食べた後には、現代的な日本文化を象徴する原宿を散策しました。留学生たちは原宿を歩いて回り、思い思いに原宿を楽しんでいる様子でした。留学生達からは、もう少し長い時間原宿にいたかったとの声が聞かれました。

(IMG3)茶道に関する歴史や作法を学ぶ
(IMG4)昼食を全員で
(IMG5)貴重な体験ができ非常に満足しているようでした

 留学生へ実施したアンケートによると、100%の満足が得られ、自国や海外で、日本で学んだことやおもてなしの心を伝えたいとの意見が多く挙げられました。また、今回の留学時に満足が高かったこととしては、学校授業への参加や日本人バディとの交流、ホームステイが挙げられました。
 都教育委員会では、今後も、より多くの都立高等学校等において、在籍する生徒が日本にいながら国際交流機会を得られ、国際理解を深めることができるよう、海外からの留学生の受入れを推進していきます。